今でも覚えているほど驚がく

我々が本格的にシェイプアップをしたのはカレッジ1年生の1年間で、今から10年代前のことでした。シェイプアップをしようと思った理由は、新学期の体躯計測で自分のウェイトが62.5kgまで太ってしまい、身長が158cmだった結果、BMIは25を超えてデブって判定されたことです。

デブになったことは1度もなく、これまで家族の中でデブになったヒューマンが誰もいなかったので、素晴らしくショックで、その時の帰りに大泣きしてしまったのが今でも覚えているほど驚がくでした。因みに、その昨年が51kgほどでしたので、1年間で12kg身近も太ってしまったことになります。

その翌日から、本格的にシェイプアップをスタートさせました。具体的には自転車通学ってスクワットリーディングという手遅れランニングの3多種の実行を行う技術だ。

取り敢えず、カレッジは山々にあり、通学路の終盤には急性上がり坂が2か所あります。これを自転車で毎度通学しました。

次に、ガイドや新聞紙を掴む際はスクワットをゆっくりとやりながらよむようにしました。初めはスクワットだけをやって、方法を身につけると文献を読みながらも、できるようになりました。実行をしているチャンスで研究もできましたので、言わば一石二鳥だったという今でも思っております。これがスクワットリーディングだ。

最後に、夕暮れに近所の河原をランニングする際に、ゆっくりとした速度で、呼吸を意識しながら行いました。有酸素運動をする結果脂肪が燃え易くなると、昔テレビジョンなどで耳にしたからです。このことは、スクワットも同じように行いました。

こういう3多種の実行を取り入れた実り、1年代後の体躯計測で、ウェイトは51kg机で、肥える前の水準にほど近いポジションまで痩せこけることができて心から嬉しかったです。

いまでも、スクワットは新聞紙を掴む際に日々行ってあり、休暇にはランニングを当時と同じ方法で行ってあり、ウェイトもそれだけ変わっておりませんので、このやり方は現状維持に繋がっていると自分では思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です